人と暮らしに寄り添うものでありたい。ジア アクア。

人と暮らしに寄り添うものでありたい。ジア アクア。

はじめに

地球上には膨大な数のウイルスや細菌が私たちと共存していますが、それらは必ずしも悪いものばかりではなく、動植物の進化を助けたり、病原菌と戦ったりと私たちが生きてゆくために必要なものも多く存在します。しかし、コレラ菌や新型インフルエンザウイルス、新型コロナウイルスといった世界中の脅威となる恐ろしい病原体も隣り合わせだという事を忘れてはなりません。
そこで私たちは環境や自然はもちろん、人にもやさしく、悪いウイルスや菌からみんなの暮らしを守りたい。そんな想いで生まれた『ジア アクア』をご紹介させていただきたいと思います。

原料/混合/充填/発送

『ジア アクア』は、厳選された次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)と希塩酸(食品添加物)、そして消毒された水を高性能な生成機で希釈混合し製造しています。(二液法、または混和法という)
こうして製造されたジア アクアは、主成分である『次亜塩素酸』を90%以上含む「次亜塩素酸水溶液」となります。また、生成機から出たばかりの水溶液にはまだ不安定さが若干残るため、いったん大きなタンクで貯蔵し、安定させてから充填・発送となります。
※ 基本、充填は発送日に行い、在庫は持っておりません ※

『次亜塩素酸』とは

『次亜塩素酸』とは私たち人間を含む動物の体内に異物(細菌等=病原性微生物)が侵入した際、異物を「分解」「除去」してくれる優れた除菌成分です。(右の図をご参照ください)
『次亜塩素酸』が人の体内でつくられるという事から、いかに安全な成分であるかを証明してくれています。

液性と塩素濃度

肌にやさしく、刺激作用・腐食作用・漂白作用が極めて少ない
液  性:pH6.5±0.2(微酸性)皮膚が本来持っているバリア機能を損なうことのないpH。
塩素濃度:100ppm 基本、原液で使用いただけますが、用途に合わせて希釈する場合もございます。

※ 製造当初の数値となります。その後、諸条件によりゆるやかに変化します。

反応スピードと、残留性

『ジア アクア』の主成分である『次亜塩素酸』は、その役目(除菌・消臭)を終えると同時に水に還る
反応スピード:非常に早く、有機物に触れると素早く反応(たんぱく質を酸化し、不活化する)
残  留  性 :反応後は水に還り、残留性は無いに等しい

除菌力 Ⅰ < vs アルコール >

『ジア アクア』の除菌力は、アルコールでは不活化できない細菌やウイルスまで消滅させる強い除菌力
『次亜塩素酸』の有効成分による強い酸化力は細菌やウイルスなど、病原生物の細胞膜や細胞壁(形質膜)の損傷、酸素活性の失活、内部タンパク質や酢酸を変性させると言われています。

※画像をクリックすると拡大表示します

左の写真は2012年3月 第三者検査機関「株式会社 静環検査センター」に於いて実施した 大腸菌 菌液に対する『殺菌効果試験』の試験結果の写真です。

◎ アルコール殺菌では、不活化(死滅)していない菌< 耐性菌 >が見てとれますが、ジア アクアでは、ほとんどの菌が不活化している事がわかります。

除菌力 Ⅱ < vs 一般細菌 >

2012年4月 株式会社 静環検査センターに於ける「一般細菌に対する『殺菌効果試験』」の試験結果
※画像をクリックすると拡大表示します

除菌力 Ⅲ <細菌(ウイルス)に対する各種消毒剤性能比較>

※画像をクリックすると拡大表示します

< 使われている一例 >
「クロルヘキシジン」薬用洗口液などに使用 /「クレゾール」汲取り式便所用うじ殺し剤 /「ポピドンヨード」イソジン 等 /「次亜塩素酸ナトリウム」漂白剤の主原料 /「グルタラールアルデヒド」強い毒性と刺激性を持つ殺菌消毒薬

除菌力 Ⅳ <pH(液性)と、除菌力の関係(次亜塩素酸存在率)>

※画像をクリックすると拡大表示します

『ジア アクア』は(製造時)pH6.5±0.2 という他機では真似のできない非常にタイトな設定にて製造しております。この精度により不安定といわれる次亜塩素酸水溶液の中でも群を抜いて安定性が高く、結果的に劣化の小さな(遅い)『次亜塩素酸水溶液』が実現しました。
また、当社では空調施設のない倉庫内にて、経時による有効塩素濃度の劣化測定も行っております。

消臭力 Ⅰ < 次亜塩素酸に依る消臭効果試験結果参考イメージ >

※画像をクリックすると拡大表示します

本グラフは、次亜塩素酸による消臭効果を分かりやすく表したもので、「残存率」「時間」に於いては、各ニオイ共に一貫性のある数値ではありません。

* 注 意 点 *

厳選した食添原料を使い、高性能な生成機で製造した『ジア アクア』ですが、塩素製剤特有の弱点もあります。
① 紫外線と高温に弱い
紫外線:紫外線によって次亜塩素酸が分解=失活してしまいます。 高 温:摂氏60℃にて失活してしまいます。※ 冷暗所での保管を推奨いたします ※
② 混ぜない

水道水以外の他の液剤とは絶対に混ぜないでください!
ボトル等に充填する場合、残った液剤は捨て、水道水で洗ってから充填してください。

③ 経時変化(劣化)

他社製品と比べ安定していますが、長期に依る劣化は否めません。
(ユーザー様には、経時による劣化推移をお伝えすることが可能です)

④ 経時変化(劣化)Ⅱ

容器によって劣化スピードが違います。劣化推移については、お気軽にお問い合わせください。
また、市販のボトルは極力使用を控えてください。
( 劣化スピード例:アルミパウチ < テナーボックス < ボトル )

ご注意ください

「次亜塩素酸水」または「次亜塩素酸水溶液」を謳った商品は、ネット販売を中心に数えきれないほど市場に出回っています。しかし、悲しい事にその半数以上は正確なエビデンスを持たず、また簡易的な製造機で作られたものが少なくないのも実情です。
弊社『ジア アクア』は、十年以上の実績があり、エビデンスに加えて劣化テストも行っております。
さらには、今まで健康被害の報告は一件もございません。
< 人と暮らしに寄り添うものでありたい。> それが、『ジア アクア』の願いです。

『ジア アクア』の詳細についてお知りになりたい方は、「お問い合わせ」よりご連絡ください。