人と暮らしに寄り添うものでありたい。ジア アクア。

人と暮らしに寄り添うものでありたい。ジア アクア。

「次亜塩素酸水」が医療関係や畜産関係を中心に使われるようになってわずか十数年ですが、2020年新型コロナウイルスのパンデミックと同時にメディアで取り上げられ、その認知度と需要は一気に上がりました。
しかし、そんな需要過多の中、粗悪品の横行や誤った使用説明により、一時的に政府機関より逆風が吹いていた事も事実です。
そこで、新型コロナウイルスに限らず、弊社に多く問い合わせのあった項目と回答をまとめてみました。

Q.インフルエンザや新型コロナウイルス、ノロウイルスに効く?

A. 本品は医薬品・医薬部外品ではないので残念ながら効果や効能を謳う事は法律で禁じられております。
しかし、第三機関での試験に於いて相当の結果は出ております。また、新型コロナウイルスに関しては政府の協力機関であるNITEの試験結果により、弊社製品と同等スペックの次亜塩素酸水で不活化が認められております。

Q.ジア アクアで手指の消毒をしてもいい?

A. 本品は医薬品・医薬部外品ではないので、弊社としましては体の部位に直接付ける事は推奨しておりません。
(弊社創立以来10年以上が経ちますが、中には任意で手指消毒用としてご利用されているお客様もいらっしゃいますが、健康被害の報告は一件もあがっておりません)

Q.次亜塩素酸(水溶液)は、漂白剤など(次亜塩素酸ナトリウム)を水で薄めてつくった水溶液と何が違う?

A. まず、一番の違いは液性(pH)です。次亜塩素酸水溶液が、弱(または微)酸性に対し、次亜塩素酸ナトリウム水溶液はアルカリ性を示します。
この違いにより除菌効果の高い『次亜塩素酸』の発生率=除菌効果が大きく変わってきます。
また、アルカリ性の水溶液は肌への刺激や腐食作用も大きいとされています。
除菌力の違いは、「ジア アクアとは」にある「pHと除菌力の関係(次亜塩素酸存在率)」をご参照ください。